新内流しと端唄はやはりマイナーか

因みに意外と端唄と同じくらいマイナーな新内流しですが、これは昭和初期までは、新内風の人が流しをして歩いていたという技術です。
横浜でも、仕事ではなく、楽しみで、やっている人がいたと思ったのですが、つまり、何かのジャンルで江戸時代に三味線を弾いていた人の一人が新たな芸という事で、高尚だと、お殿様に認められていたものを乞食芸にしてしまい、それが遊郭の近くで、三味線流しをやっていたら、以外と周りから受けて今日に至るというものだそうです。

外見も独特なので、好きな方は、新内流しで調べてみてください。

三味線といっても、津軽以外もかなりジャンルがあります。
端唄もかなり、知らない人は知らないと思うのですが、どちらも確かですが、名取り制度がなかったという事だと思いました。

江戸ものと、つまり、お座敷でやる旋律の、今の日本人が聞いて暗いとか、昭和だ、と思うようなものと、津軽のようなポピュラー音楽に取り入れられるもの、旋律が違いますよね。格安スマホおすすめの端末

友人の影響でお城や神社が好きになりました。

去年の秋頃、お城が好きな友人に誘われて近くの有名なお城を見に行くことになりました。
私は全く興味がなかったのですが割とアクティブで、色んなところに出掛けるのが好きだったので付き合いで一度行ってみようと思い、出かけたのがきっかけです。

石垣も立派だし、中に入るとワクワクしてきて、場所によってはゆるキャラがいたりとお城って楽しいんだと実感しました。
その日は何も考えずヒールにタイトなスカートだったので道中の階段がひどく疲れましたが、今度はスニーカーでまた行ってみようという気持ちになり、お城めぐりが趣味になりました。
ただ、お城も近場で沢山ある訳ではないので旅行のついで位でしか中々行けず、せっかくの趣味が無くなってつまらないと思っていた時に神社も勧められ、御朱印帳を買い、参拝して御朱印を書いていただくというのが最近の趣味になりました。
神社は近くにも沢山あるし、空気も澄んでいて参拝するのが気持ちいいです。

毎週の休みが充実しています。http://xn--fiqv1lgb972aj2eioxp5xms2bs5d.xyz/