「働き方改革」について思うこと

少子高齢化社会や長引く不況の影響で、既存のいわゆる「サラリーマン」の働き方が当たり前でなくなってきています。
現政権下においても、「働き方改革」が重要課題の一つに挙げられています。
はたして、既存の概念にとらわれない多様な働き方を社会に浸透させることは可能なのでしょうか。

現在のところ、残念ながら収入面、待遇面において、非正規社員と正社員を比較すると、正社員の方がかなり有利な状況です。
非正規社員と正規社員が同じ仕事をしていても、正社員のほうが給料が高いことが多いです。
一般的に非正規社員のメリットと考えられている「休みの融通がきく」という部分においても、非正規社員だからといって自由に休みが取れるわけではない会社が大多数であると考えられます。

給料は安いし休みも取れない。

このような現状で、多様な働き方を推進してゆくことができるのでしょうか。
多様な働き方を模索してゆくことは大切なことです。
しかし、今まさに低収入や過重労働に苦しんでいる非正規社員の待遇を、取り急ぎでも改善することが、真の働き方改革なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です