芸術橋に取り付けられていた南京錠が競売にかけられる事になった事について

パリのセ—ヌ川にかかるポンデザール、ここの端愛の南京錠を付ける橋としてこちら恋人たちにとても有名な場所にもなっていたと思います。
それが今から約2年前になるようですがあまりの重さで危険性が高まったようで南京錠を撤去する事になったようです。
これが撤去されていた話しは初めてしりましたがやはり1つだけでも結構な重みがある南京錠を数えきれない程取り付けている訳でもありますしね、数が限定されていれば防ぐ事は出来たのかもしれませんが訪れる方々が次々に付けていくとなるとそれなりに負担も大きくなっていくものだと思います。
へたすると橋崩落と言う事にもなり兼ねないので、でも撤去と言うかたちになってしまったのはとても残念な事ですね、ただこちらですがその後もなんと残されていたみたいで最近になり競売の方にかけられたそうです。
その額の方は計165点で3100万円との事でした。
またこの収益の方はパリにいる難民団体の方に寄付されると言う事でこれは凄く良い事ですね、これで少でも多くの方々が救われる事を願っています。詳細はこちらのページ

芸能人の間で白シャツのペアルックが定番化している事について

少し前に佐々木希さんと渡部建さんが結婚発表をされたばかりの中ですがそこでちょっと注目されていた事がありました。
それは白シャツのペアルックで写っている写真なのですがこれ今芸能人の中では定番になっているようです。
私もこれはちょっと思っていた事で特にその中でも印象に残っているのが昨年の8月に結婚された俳優の妻夫木聡さんと女優のマイコさんこのお二人も白シャツで写真に写っていたのは記憶に新しいと思います。
でもこれどうして白何だろうと思っていましたがちゃんとそれなりに意味があったそうです。
これはほんの一部ですがそれと言うのが真っ白なまま結婚して相手に染まる、その他にも清潔と言うような意味のようです。
言われてみると納得しましたね、また逆に黒シャツのペアルックもあるそうでこれは相手に色に染まったと言う意味らしいです。
何かこのようにして見ると面白いですね、これは視聴者にとっても凄く良い印象をあたえますし今後も継続してそのような撮り方をする芸能人の方ががより増えてもいくかもしれませんね。http://dangerformayor.com

バンドを組んで、作曲やライブ活動など音楽が趣味です

“純粋に音を合わせているだけで楽しいのですが、曲を作りながらあれこれ意見を出し合ったり、気心の知れたメンバーと他愛もない話をするのも楽しいです。
楽器の腕が上がったり、新しい機材を試したり、新鮮さもあるので飽きずに続いています。
なにより、音楽は人種や国境を越えて様々な人たちと一緒に楽しめるものなので、今まで関わり合いにならなかったような人たちとも知り合え、交流できて、世界が広がった気がします。
長年やるにつれ、最初に担当していた楽器以外のものも弾けるようになったり、一回限りのコピーバンドやサポートにも呼ばれるようになり、好きな音楽で自分の幅が広がっていくのが嬉しいです。
きっと年を取っても続けていけるし、続けていきたいと思っています。
自分の子供が興味を持った時に、楽器を教えてあげるなんてのも素敵だなぁ。
好きなアーティストの曲を聴くのも、少し意識が変わって聞けたりするのでおすすめです。
バンドに限らず、ピアノでもギターでも弾き語りでも、楽器に触れることは楽しくていい趣味だと思っています。
これからもゆるく長く続けていきたいです!”闇金 解決

人が求める絵を描き、喜んでいただくことが趣味。

“私は子供の頃から絵を描くことが好きです。
きっかけは小学生の頃、ひとつ上のいとこの家にあった一冊の少女漫画。漫画の内容はもちろんですが、ペン一本でいろんな表情を描くスキルや、ストーリーを考える創造性。つまり、漫画を描く人そのものに惹かれました。
「わたしも描けるかな。」
そう思い、新聞広告の裏にひたすら漫画の真似を描き続けたことを覚えています。指の描き方が難しいなぁと思ったらひたすら指を。体のバランスがおかしいなぁと思えば体を。
次はオリジナルのキャラクターを描き、漫画家の真似をしてストーリーをつけてみる。その漫画を学校でいろんな人に見てもらう。そういったことをする中で、ふと目の前の人が笑顔になっていることに気がつきました。
そして、「かわいい!」「おもしろい!」「また見せて!」「この絵ちょうだい!」といった言葉を頂けるようになりました。
漫画がきっかけでしたが、その後自分の気持ちを表現したいときも、白紙に絵で表現するようになりました。
いまではその絵に価値をつけてくださる方が現れ、お仕事も頂けるようになりました。
この趣味を持てて、わたしは幸せです。”一括見積もりで格安で引越しをする

私の趣味は招き猫を集めること。不思議な出来事からでした。

私の趣味は、招き猫を集めることです。
きっかけは主人です。
主人はもともと霊感の強いタイプで、霊を見ることが小さい頃から良くあったそうです。
そんな主人が私と結婚して2年ほど経ったある日、会社帰りにショッピングモールに寄った時のことです。
「こっち、こっちやで」と、声が聞こえて来たそうです。
呼ばれるままに近づいてみると、陶器市の中に招き猫のコーナーがあり、その中の一番大きな招き猫が主人に向かって話しかけていたそうです。
不思議な体験をしたその日、主人はその話を私にしてくれました。そして私は見に行きたいと思い、早速次の日主人と共にそのショッピングモールに向かいました。
その日は招き猫はしゃべることはなかったのですが、知り合いのお坊さんに聞いたところ、主人が呼ばれ、その話を聞いた私も興味を持つということは2人ともその招き猫に呼ばれているんだ、是非連れて帰ってやって、とのことだったので、迷うことなくその招き猫を購入しました。
その日から招き猫を眺め、話しかけるうちに1人では寂しそうだと思うようになり、仲間を増やすべく招き猫を探し歩くことが私の趣味になりました。参照ページはこちらから

新内流しと端唄はやはりマイナーか

因みに意外と端唄と同じくらいマイナーな新内流しですが、これは昭和初期までは、新内風の人が流しをして歩いていたという技術です。
横浜でも、仕事ではなく、楽しみで、やっている人がいたと思ったのですが、つまり、何かのジャンルで江戸時代に三味線を弾いていた人の一人が新たな芸という事で、高尚だと、お殿様に認められていたものを乞食芸にしてしまい、それが遊郭の近くで、三味線流しをやっていたら、以外と周りから受けて今日に至るというものだそうです。

外見も独特なので、好きな方は、新内流しで調べてみてください。

三味線といっても、津軽以外もかなりジャンルがあります。
端唄もかなり、知らない人は知らないと思うのですが、どちらも確かですが、名取り制度がなかったという事だと思いました。

江戸ものと、つまり、お座敷でやる旋律の、今の日本人が聞いて暗いとか、昭和だ、と思うようなものと、津軽のようなポピュラー音楽に取り入れられるもの、旋律が違いますよね。格安スマホおすすめの端末

友人の影響でお城や神社が好きになりました。

去年の秋頃、お城が好きな友人に誘われて近くの有名なお城を見に行くことになりました。
私は全く興味がなかったのですが割とアクティブで、色んなところに出掛けるのが好きだったので付き合いで一度行ってみようと思い、出かけたのがきっかけです。

石垣も立派だし、中に入るとワクワクしてきて、場所によってはゆるキャラがいたりとお城って楽しいんだと実感しました。
その日は何も考えずヒールにタイトなスカートだったので道中の階段がひどく疲れましたが、今度はスニーカーでまた行ってみようという気持ちになり、お城めぐりが趣味になりました。
ただ、お城も近場で沢山ある訳ではないので旅行のついで位でしか中々行けず、せっかくの趣味が無くなってつまらないと思っていた時に神社も勧められ、御朱印帳を買い、参拝して御朱印を書いていただくというのが最近の趣味になりました。
神社は近くにも沢山あるし、空気も澄んでいて参拝するのが気持ちいいです。

毎週の休みが充実しています。http://xn--fiqv1lgb972aj2eioxp5xms2bs5d.xyz/

バレーボールをすることと観戦、漫画を読むこと

私は小学校の頃からバレーボールをしています。
高校の時怪我をしてしまい1年ほどバレーから離れた時期もありましたが、友達の紹介で現在は社会人のクラブチームで活動しています。

大学が忙しいのもあり1ヶ月に1回程しか行けない時期が3ヶ月くらい続きましたが、ハイキューと言う漫画を読み、バレーをしたいと言う意欲が湧き今では週一くらいで活動しています。

クラブチームは男女混合で、高校までの部活動とは違い色んな年代の方々と関わらせていただく機会も増え、バレーボールだけでなくいろんな業種の話を聞いたり普段あまり関わることのない人たちとの交流も増えとても充実した活動ができています。

これも、チームに誘ってくれた友達とハイキューのおかげかなと思っています(笑)
漫画で人生が変わると行っても過言ではないくらいハイキューは私の人生になくてはならないものだと思います。

チームメイトの大切さ、バレーをする意味、バレーの楽しさ、全てを思い出させてくれた漫画なので、漫画を読むことで得られるものもあると知りました。
これからもバレーを続け、ハイキューも応援して行きたいと思いました。一括査定

今年一年を振り返って

先日の忘年会で今年一年の振り返る話をした。今年のお正月に一年の目標を立てたはずなのに思い出せなかった。適当に「失敗もあったけど良かったこともあったかな」と適当にごまかした。

後日、この一年はどうだっただろうか、と振り返ってみた。悪い印象しか浮かばない。自分のツイッターに一年の目標を書いたことを思い出しログを調べてみた。そこには「就労すること」というシンプルなものがあった。うーん、不達成だったな。

昨年の入院から少しずつ順調に体力をつけて回復してきていた。就労のための職業訓練も前向きに取り組んだ。そして、5月に満を持して目指していた会社の面接をうけた。しかし、不採用だった。

その理由が自分でわからなくて自信をなくした。それでも諦めず体調の維持と職業訓練を続けたが、体調は一向に良くならなかった。焦りもあったんだろうな。よく頑張っていたけどボロボロになっていたんだと思う。もう少し冷静に自分を分析できれば目標を設定し直して調整できたのではないかな。xn--68j9dya1778bl2kuuy12ij9s7gi.jpn.org

「働き方改革」について思うこと

少子高齢化社会や長引く不況の影響で、既存のいわゆる「サラリーマン」の働き方が当たり前でなくなってきています。
現政権下においても、「働き方改革」が重要課題の一つに挙げられています。
はたして、既存の概念にとらわれない多様な働き方を社会に浸透させることは可能なのでしょうか。

現在のところ、残念ながら収入面、待遇面において、非正規社員と正社員を比較すると、正社員の方がかなり有利な状況です。
非正規社員と正規社員が同じ仕事をしていても、正社員のほうが給料が高いことが多いです。
一般的に非正規社員のメリットと考えられている「休みの融通がきく」という部分においても、非正規社員だからといって自由に休みが取れるわけではない会社が大多数であると考えられます。

給料は安いし休みも取れない。

このような現状で、多様な働き方を推進してゆくことができるのでしょうか。
多様な働き方を模索してゆくことは大切なことです。
しかし、今まさに低収入や過重労働に苦しんでいる非正規社員の待遇を、取り急ぎでも改善することが、真の働き方改革なのではないでしょうか。